デヴィ夫人、攻める! 実名&顔写真付きで大津いじめ自殺事件犯人達を追求!

滋賀県大津市で起きた陰惨ないじめ事件。被害者に凄惨ないじめを行い、後に自殺へと追いやったのが被害者と同じ中学生というセンセーショナルな事実と、そのあまりにもひどすぎるいじめの内容により世間の注目を集めたが、何とあのデヴィ夫人がその事件の加害者や関係者を実名+写真付きで自身のブログにて発表してしまったことが更に事件への注目を集めることとなった。

既にデヴィ夫人のブログでは該当記事は削除されてしまったが、事件の陰惨さと被害者の無念を風化させないためにも、その内容を紹介しよう。

 

デヴィ夫人ブログ 2012年7月10日付投稿「北本市・大津市の いじめ自殺問題 悪童連を少年院に送れ!」より

2012年07月10日のブログ|デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」 (※記事は削除済)

 

北本市・大津市の いじめ自殺問題 悪童連を少年院に送れ!

(※中略)

ところで・・・

昨日 大津市のいじめ・自殺事件について ブログに書きましたが 加害者について とんでもない事実が 次ぎ次ぎ発覚しましたので ここに 列挙したいと思います。

ネットで検索すると 色んな情報が 掲載されていますので、皆さんも 是非 色々調べてみて下さい。

本当に 驚くような記事が 沢山出てきますので・・・。

 

加害者少年らは 被害者少年に対し 自殺前日に「お前 明日の登校時間に 飛び降り自殺やれ。撮影するから 直前にメールよこせ」と言ったそうです。

 

加害者少年グループの リーダー 木村 束麻呂(ツカマロ)事件後 既に 大津市立皇子山中学校から 京都へ転校しています。

父親は 木村 真束(マヅカ) 「マヅカ3Dワークス」という会社を経営しています。 元PTA役員とか・・・。

とんでもないのが 母親の 木村 恭子
大津市の 「大津市地域女性団体連合会」の会長を 務めています。
大津市地域女性団体連合会は  「人権を守る大津市民の会」に所属し 主な 取り組み内容の一つとして 「広げよう 高めよう 人権尊重の輪を 」というものがあります。

このような 人権尊重を掲げる会に属していながら 自分の息子を人権侵害もはなはだしい リンチ同様な事を 平気でする 人間に育て上げるとは!

この件に関して 母親の 木村恭子自身も 
「あんたの子供は死んだけど、 自分の子供は 生きていかなくちゃいけない。
どうしてくれるんや!」
「冗談真に受けて ホントに自殺するなんて こっちが被害者だわ」
などという ふざけた発言をしています。

さらに 校門前で 「ウチの子は被害者です」 という ビラまで配る始末。
この親にして この子ありとは まさにこの事。
しかし 何でこんな人間が 会長になれたのかが 不思議でなりません。

 

同じく 主犯格の一人 小網 健智(コアミ タケサト)
この少年は 転校していないとのこと。

この少年の 父 小網 修氏は 元PTA会長。 
祖父 小網 勝氏は 滋賀県警のOBだそうです。

この祖父が書いたとされる ブログには
「いじめを把握できなかった 学校の責任。 被害届を受理しなかった 警察の責任を 取り上げる以前に 少年(被害者)の父母は 自分の子供の 日常生活の状況や 心の悩みに対して 平素から 真剣に対応したのか・・・」 と、被害者遺族に責任転嫁するような 記事を書いています。

しかも 被害者が 飛び降りた現場から わずか1㎞のところに赤十字病院があるのにもかかわらず 現場から22㎞も離れた「済生会滋賀県病院」 に搬送されました。
この病院は 滋賀県警OB 小網 勝氏の 天下り先なのだそうです。

この 小網 勝氏が 警察OBの地位を 悪用して 自分の勤務する病院に被害者を搬送し、 事件後の司法解剖や 大津署での 被害届の受理を 阻止したとの噂も・・・。

 

同じく 主犯格の一人 山田 晃也(こうや)
この少年も 京都へ転校済み。(写真:右)

(※この写真は誤りの可能性が高いです。)

この少年は 事件後 Greeに 「滋賀県 大津市で 中学生が 飛び降り自殺したの知ってる?」 などと書き込んでいました。
罪の意識 反省の色 全く無し。

 

この加害者少年らは 事件後 被害者の写真に画鋲で穴をあけたり 落書きまでしていたのです。

この少年らは 自殺教唆罪、 傷害罪、 窃盗罪、 恐喝罪 などの とんでもない 犯罪を犯しているのです。
この 罪深い 悪童連どもを 即刻 少年院へ送るべきです!!
転校、退学なんて 生ぬるいことでは 決して許されない!!

 

この加害者少年たちを 注意するどころか 一緒になって嘲笑し「やりすぎるなよ!」とまで言っていた とんでもない教師の 森本 進。 ハングルが得意な 人権教育のエキスパートなのだそうです。 とんだエキスパートがいたものです。

皆さん これらをご覧になって どう思われますか?

ご意見を お聞かせ下さい。

 

この記事は既にデヴィ夫人のブログからは削除済となっている。また、夫人が記載した内容が果たして真実なのかも今となっては不明ではあるが、ここまで具体的に情報を出したという事は夫人にも一定以上の信憑性のある情報であるという認識があったという事が伺えるが…

いずれにせよ、今後このような事件が起きないことを切に願う。その思いはこの記事を書いたデヴィ夫人も同じことだろう。被害者のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る